フェイスブックを使った集客力アップも可能です!でも○○方が大事です。

フェイスブックを使った集客力アップも可能です!でも〇〇方が大事です。

前回の投稿では SNSによるお客さま集めについて書きましたが、早速フェイスブックでアップして下さった方もいて嬉しく思います。

特に記事では『SNSではまず自分の中身をさらけ出しましょう!』とお伝えしました。

まず自分がどういう人間か、何を好み、どういう特技があるなど、こちらのことを発信して知ってもらうことがまず優先ですよね、というお話でした。

ただこのSNS発信ですが、自分を知ってもらおうとするあまり勘違いな内容になっている方。

実は以前からそこが気になっていました…

 

年の瀬も近づいて来て多いのが忘年会などの飲み会。

写真は先日私が鍼灸学生の同期と食事した時の投稿。

まあ笑顔で写っていますが、実は二軒目のお店で結構お酒が入っています。ちょっと気分悪くなりかけていたし、何より終電まであと少しという感じで実はソワソワしていました^^;

もちろんそれぞれが開業したり病院や施設で頑張っているので業界の話にはなりますが、まあ実際男4人も集まれば下らない話がほとんど(笑)

ここで気をつけたいのが、どれだけプライベート仕様でSNSを活用していると言っても、商売をしている以上どこかでお客さまと繋がっているということです!

例えば今回の投稿で、『面白おかしく飲み会でグダグダ男4人でメッチャ盛り上がりましたー!多分このままだと終電にも間に合わず、明日はヘロヘロで仕事ですー。』と友人向けに書いたとしましょう。

発信先を友人のみになどに制限した場合は別ですが、見ている人の中に既存のお客さまやこれからお世話になりたいと思っているお客さまがいらっしゃる可能性は大です。

私達のようにお客さまの健康や美容に関連する仕事をしているにも関わらず、自分の生活が乱れていてはお客さまがそのお店を選ぶことがなくなってしまうでしょう。

そんな二日酔いの先生にハリして欲しいとは思わないですよね。

よくあるのが風邪ひいたとか、インフルエンザにかかってしまったなど、おおよそお客さまの体に触れる立場として、決して進んで発信する内容ではないのに、平気で楽しそうにアップしている方がいます。

SNSどうこうの前に、健康や美容に携わる人間として見せ方よりも在り方をしっかりとすることが大切だと思います。

 

その他、FBの楽しみと言えばお友達リクエストをしてお友達を増やして行くことです。

ところがリクエストをする際にコメントも添えず、ただこちらの反応を待っている方結構強います。

日常のリアルな生活では初対面では会話無しでは成り立たないことはわかっているはずなのに、ただポチッとリクエストをする。

私は頂いた申請なので返事を添えて受けますが、まずこういう方のフォローはしないです(笑)

もっとすごいのが、その申請に答えて相手から返って来た返事が『👍』の時です。

そちらからリクエストしておいて、いいね。という上から目線ですから笑うしかないです。

実際、こういう返答をした時点でその人間がわかるということで削除するという方もいます。

つい見せ方ばかりに目が行きがちですが、リアルでもその行動はするのか、そんな発言するのか。

SNSだからやっていいということは決してないですし、逆に便利なものだからこそ丁寧に使う必要があるといつも思っています。

 

The following two tabs change content below.
久保 大輔
恵庭市で鍼灸を通して美と元気を提供する美容専門 ナツメ堂鍼灸院を経営。ハリウッドスタイル上田式美容鍼®︎を取り入れてから、女性起業家や美と健康を追及していく女性を中心に地元を越え札幌からもお客様が来院。最近はコミュニティに力を入れ近隣の起業家たちを巻き込んだイベントを開催しています。  (財)日本美容鍼灸マッサージ協会認定美容鍼灸師、同協会北海道支部長

ABOUTこの記事をかいた人

久保 大輔

恵庭市で鍼灸を通して美と元気を提供する美容専門 ナツメ堂鍼灸院を経営。ハリウッドスタイル上田式美容鍼®︎を取り入れてから、女性起業家や美と健康を追及していく女性を中心に地元を越え札幌からもお客様が来院。最近はコミュニティに力を入れ近隣の起業家たちを巻き込んだイベントを開催しています。  (財)日本美容鍼灸マッサージ協会認定美容鍼灸師、同協会北海道支部長