フェイスブックで美容鍼のお客さまを集客したいのであれば、発信の時勇気を持って心がけていかないといけないこととは。

フェイスブックで美容鍼のお客さまを集客したいのであれば、発信の時勇気を持って心がけていかないといけないこととは。

いつも言うように、これから認知度アップして集客して行くのにSNSは欠かせません。

まず自分の院の技術力をアピールするがためにハリを刺した写真をアップする。

恐怖心を逆に煽るということでさすがにこういう写真をアップする方は減りましたが、その代わりに院内の様子をアップする。

あらかじめ院内を見てもらいこんな素敵なところでゆったり出来ますという好印象を持ってもらおうという狙いがあるようです。

もちろんボクも同じように院内の様子はほどほどに目に入るように発信しています。

 

当院が今のように美容鍼のお客さま(30、40代女性)が7割強という状況になるまで、心地良く過ごしていただく空間作りは常に勉強して来ました。

今でも札幌や東京出張、近隣でもオシャレなカフェやスペースなどがあれば、刺激を求めて出向いていきます。

ある意味お金さえあればオシャレな物は買って来てそこに置けば良いわけで、真似だけなら考えなくてもいいので簡単です。

しかし、それが自院とマッチするか、不自然ではないかということにも目を向けることは大切だと思います。

うちはそんなブレーキ役が妻の役目で、主張先で新しい刺激に触れ興奮気味の私をいつも落ち着かせてくれます…こちらは気持ちが治らないことが多いですが(笑)

 

私が常日頃SNSを使って自院を発信して行く上で気をつけているのが、そこに現実とあまりにもかけ離れたコトは載せない!があります。

せっかく期待膨らませていらしたお客さまが院に入った瞬間、フェイスブックで見たのと全然違う。と落胆してもらいたくないためです。

別にウソを上げたわけではないけど、ウソではなくても事実とちょっと違う。

皆さんも口コミの多いと言われるカフェに行った時、『あれっ、ちょっと書かれていたのと違うな。』と思った経験はありませんか。

口コミサイトであれHPであれ、その感じ方や認識は発信側と受け取る側では差があることは常に肝に銘じています。

僕らのような健康や美容を提供する仕事は、改善できる、治るという大きな期待を持って来院されます。

先生方皆さんは変化させるという強い気持ちでお客様に向かったとしても、結果が違ってしまうことがあるので発信する内容は気をつける必要があります。

特にこちらとしては改善したという認識でいても、お客さまはまだまだと思っておらずそこにギャップがあることも周知しておいた方が良いです。

そうなると、いつも言うように文章でも写真でも自分の言葉で自分の素顔を発信していくことが大切になってきます。

(出せば良いってものではないので出し方には注意には必要ですが)

SEO対策のことはあまり詳しくはないですが、やはり他人が書いた文章をコピペしても分かる人には分かってしまうかと思います。

開業当初の僕のFB投稿やブログ記事を見ても、恐る恐るという感じが見て分かります笑

当時は見た目を気にして、合っていると方間違っているとか、とにかく心象をよくするために100点満点の内容を書くように必死でした。

今だから言えることですが、そんな面白くない記事を書いているときに限って、匿名の中傷する内容が送られてきたりあちらこちらのFB上で色々と言われていました。

特に家族のことを言われた時はめちゃ落ち込んだけど、やるしかないという変な気合いで発信し続け今に至ります。

やっぱり勇気と覚悟ですね!

勇気と覚悟を持って、誤解の生まれない内容で、自分の素顔と自分の言葉を使って、発信していくことが一番大切です。

一緒にがんばりましょ!

The following two tabs change content below.
久保 大輔
恵庭市で鍼灸を通して美と元気を提供する美容専門 ナツメ堂鍼灸院を経営。ハリウッドスタイル上田式美容鍼®︎を取り入れてから、女性起業家や美と健康を追及していく女性を中心に地元を越え札幌からもお客様が来院。最近はコミュニティに力を入れ近隣の起業家たちを巻き込んだイベントを開催しています。  (財)日本美容鍼灸マッサージ協会認定美容鍼灸師、同協会北海道支部長

ABOUTこの記事をかいた人

久保 大輔

恵庭市で鍼灸を通して美と元気を提供する美容専門 ナツメ堂鍼灸院を経営。ハリウッドスタイル上田式美容鍼®︎を取り入れてから、女性起業家や美と健康を追及していく女性を中心に地元を越え札幌からもお客様が来院。最近はコミュニティに力を入れ近隣の起業家たちを巻き込んだイベントを開催しています。  (財)日本美容鍼灸マッサージ協会認定美容鍼灸師、同協会北海道支部長