起死回生をするためにナツメ堂がやったこと

恵庭美容鍼ナツメ堂

第五話【起死回生をするためにナツメ堂がやったこと】

てっきりその方のアドバイスを受けるだけで一気に売り上げアップ、なんて思っていた自分の考えが甘いことをその後知らされます。

一番先にやったことは、今まで来院したお客様のお悩みを書き出し、その上でナツメ堂ならではの特徴を作り出すこと。

技術さえ良ければお客様が集まる!と思っていた僕にとって、『特徴ってなんだよ…どんな悩みにも対応出来るからハリは良いんだからさ』。でも、言われるままに作業をこなすがこれがキツイキツイ。

何にも浮かんでこなくていつも脳みそは汗をかいていました(笑)それでも妻が協力してくれ、以前から自信があったうつ症状や膝の痛みを前面にアピールする方向で宣伝。(そういえばこの時も事件が勃発しちゃいます。)うつ症状のお客さま集めに一生懸命奮闘していたら、ものの見事に多くのお客さまが来院。ヤッタヤッタ!と喜ぶ暇もなくお一人お一人じっくりと対応しているうちに、ボクの方がバテてしまい危うくうつになりかけるし(笑)。膝の痛みをお持ちのお客様宛に、ニュースレターを大雪の日に配っていたら、思いっきりコケてこっちが膝を痛めるみたいな…。

ホント今思い出しても笑えます。

そんな状況の中、たまたま釧路時代の院長から『改めて美容鍼ってイイかも』とアドバイスされ、今度こそはと決心。インテリアを新調しベッドも減らし個室を作り、女性がゆったり出来る場所作りに投資しました。

もう資金もギリギリ。『これがダメなら寝ないでコンビのバイトをする』と覚悟を決め、美容鍼専門院として生まれ変わりました。もちろん出来る限りの宣伝は行い、その中でも特にニュースレターとブログは、寝ないで発信し続けました。

『今度こそは、今度こそはお客様に喜んでもらえるナツメ堂にする。』料金も今までは考えられない高単価に設定しほとんど背水の陣状態。

するとやっとのことで、お客様が集まり始めました。

この時の嬉しさは、やっぱり今までで一番!。ここまで来るのに開業から一年半、ジリ貧だった売り上げも徐々に増えその年の12月には152名の来院で80万円を上げるまでになりました。今ではそんな状況が最低ラインとなり安定した経営を続けています。

最終話【四年を終え今思うこと、曲げずに取り組んできたこと】

The following two tabs change content below.
久保 大輔
恵庭市で鍼灸を通して美と元気を提供する美容専門 ナツメ堂鍼灸院を経営。ハリウッドスタイル上田式美容鍼®︎を取り入れてから、女性起業家や美と健康を追及していく女性を中心に地元を越え札幌からもお客様が来院。最近はコミュニティに力を入れ近隣の起業家たちを巻き込んだイベントを開催しています。  (財)日本美容鍼灸マッサージ協会認定美容鍼灸師、同協会北海道支部長

ABOUTこの記事をかいた人

久保 大輔

恵庭市で鍼灸を通して美と元気を提供する美容専門 ナツメ堂鍼灸院を経営。ハリウッドスタイル上田式美容鍼®︎を取り入れてから、女性起業家や美と健康を追及していく女性を中心に地元を越え札幌からもお客様が来院。最近はコミュニティに力を入れ近隣の起業家たちを巻き込んだイベントを開催しています。  (財)日本美容鍼灸マッサージ協会認定美容鍼灸師、同協会北海道支部長